これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

日常生活から血管と血液を改善

血液や血管は、年齢とともに老化していくものですが、
その老化を出来る限り抑えて、
若い状態にとどめておくことも不可能ではありません。

むしろ、老化を食い止めるように努力をしなければ、
動脈硬化をはじめとする血液、血管の疾患のリスクは進行するだけ・・・
とも言えるでしょう。

だからこそ、今までの日常生活を振り返って、
若々しい血液と血管を維持しなければいけません。

そもそも、血液がサラサラな状態であれば、
血管もおのずと弾力のあるものになります。
見た目の若々しさを大切にしたいという方でも、血管の状態が、
容姿に反映されるという事実がありますから、
ドロドロ血液を防ぎ、ボロボロの血管にならないように注意しましょう。

近年では血管の年齢が意識されるようになってきましたが、
これは、血管がどんな年齢のものであるのか・・・という基準を示したもの。

当然のことながら、若ければ若いほど健康体なわけですが、
実年齢が40歳前後でも血管年齢が70代くらいの方もいらっしゃいます。

そんな方は、動脈硬化が進行している可能性があります。
もちろん、日常生活を改善していくことによって、
予防したり、若返らせたりすることは可能なので頑張りましょう。
では、具体的にはどんな部分に気をつければいいのでしょうか?

まず第一に挙げられるのは、脂肪分の多い食事です。
脂肪を大量に摂取することによって、
血中のコレステロール値や中性脂肪値が上昇してしまいます。
結果的には、ドロドロ血液と動脈硬化が進行することになるのです。

それ故に、肥満体型が進行して高血圧をひきおこすリスクも高まります。
脂肪分の多い食事は避けるようにしたいところです。

また、甘いものの食べ過ぎも禁物でしょう。
何よりも肥満のおおきな原因となってしまいますし、
ここから、高血圧や糖尿病、さらには高中性脂肪などにつながってしまいます。

もちろん、塩分の多い食事も避けるようにしたいところです。
塩分は人間が生命活動を行ううえで必要不可欠な要素ですが、
過剰摂取すると、高血圧の最大の原因とも言われています。
バランス良く摂取するのが大きなポイントです。

しかし、最近の日本人の食生活では、慢性的に塩分を過剰摂取している…
とも言われています。

高血圧の悪化や動脈硬化の進行などの原因となるので、
十分に意識して、摂取量を考え直す必要があります。

また、肉の食べ過ぎは脂肪分の過剰摂取に繋がりますが、
肉を全然食べないという状態も血管の老化に直結します。

タンパク質やコレステロールが逆に不足してしまって、
高血圧になるリスクが高まると言われているのです。

これらの点に十分気をつけましょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ