これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

血管と動脈硬化の関係とは?

ドロドロ血液のキーポイントと言われている要素の一つに挙げられるのが、
コレステロールや中性脂肪などの血中に含まれる脂肪分です。

これらの栄養素は、生命維持に欠かせない物質ですし、
コレステロールや中性脂肪がなければ、身体は動かないでしょう。

なんとなくのイメージで悪者扱いされがちな要因たちですが、
身体にとって必要不可欠な存在であることも同時に頭に入れておきましょう。
要するに、大切になってくるのは体の中でのバランスなのです。

そもそもコレステロールは、身体を形成している細胞や細胞膜の主要成分で、
各種のホルモンや食べ物の消化と吸収をサポートする役割もあります。
具体的には、胆汁と呼ばれる体液の材料になるという働きを担います。

中性脂肪は、筋肉を動かすエネルギー源として用いられています。
また、外気に触れることによって体温を奪われるのを防ぐという役割もあります。
身体を守るクッションのような役割と考えれば簡単でしょう。

また、コレステロールにはイイモノと悪いものがあります。
これを、俗に「善玉」と「悪玉」と区別しているのですが、
これは一体どんなものなのでしょうか?

まず、コレステロールと中性脂肪は、リポタンパクと呼ばれている物質に、
運搬されて血液と共に移動している栄養素です。
コレステロールは、運搬の役割を果たしているLDLと掃除の役割を持つHDLによって運ばれていくという特徴を持っています。

サラサラ血液を持っている人の身体の中では、LDLがコレステロールの運搬を行っています。そして、余ったコレステロールをHDLが掃除して健康な血液バランスを保つのです。

しかし、これがコレステロールの量が多くなってしまうとバランスが崩れます。
余分なコレステロールをHDLが回収しきれず、
血管の壁に侵入して沈着してしまうという作用が起きるのです。
これがドロドロ血液のおおきな原因の一つふぁと考えられています。
そして、こうなってしまった場合は十中八九、動脈硬化を引き起こします。

こういった背景から、LDLが悪玉のコレステロールと言われるのです。
HDLはコレステロールを回収して掃除してしまうので善玉と考えられます。

中性脂肪は、主にカイロミクロンとVLDLというリポタンパクが血中の運搬を担当しています。

VLDLに関しては、ドロドロ血液の原因であり、
これが上記のLDLに変化する可能性を持っているのです。

そのため、悪玉のコレステロール値が上昇することになり、
結果的には動脈硬化のリスクを大きく上げると言われています。

これらを改善するために、「ふるさと青汁」は大きな役割を果たします。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ