これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

明日葉のチカラ

明日葉には凄いチカラが秘められていると言うお話です。

明日葉は日本原産のセリ科の植物です。
生命力が非常に高く、前の日の夕方に葉を摘んでも、翌日には葉が出るため明日葉と呼ばれるようになりました。

野菜としては、スーパーなどで通年販売されていて、葉や茎を食します。
独特なクセがあるため、主に天ぷらやお浸しなど、クセを消す方法で調理されています。
近年になり、健康志向から青汁がブームとなると、明日葉の栄養価が着目され、ケールよりも飲みやすい青汁として明日葉が利用されるようになりました。

そんな明日葉のチカラとは何でしょうか?
明日葉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけでなく、薬事効果としても期待が高く、根が漢方薬の高麗人参の代用に利用されているほどです。
古くから便秘防止、強壮作用があると言われていましたが、近年になって、糖尿病予防に効果が高く、さらに明日葉の黄色い汁に含まれる「カルコン」が白内障の発症を防ぐ効果があるとして期待が高まっています。

さらに、アルツハイマー病にも高い効果が期待されていて、その根拠として、神経成長因子の生成を促す作用が認められています。
神経成長因子は神経細胞の回復や老化防止をするタンパク質で、脳神経の回復や老化防止につながるものです。
明日葉にはこの神経成長因子の生成作用が他の同じ作用を持つ食品よりも15倍も高いと言われています。

その他にも、冷え性、貧血、骨粗しょう症、高血圧、セルライト解消、血液サラサラ効果と数多くの効能を持っています。
こうした様々な薬事効果から、医薬品の材料としても研究がなされるようになった明日葉ですが、野菜として食事に取り入れることで、普段から健康維持、生活習慣病の予防につながると考えられています。
しかし、その独特のクセの為に調理法にも工夫が必要で、また、毎日必要な量を食べるのは難しいと言う一面もあります。

そこで注目されるのが青汁です。
独特なクセは有りますが、比較的飲みやすく、様々な効能がある明日葉の青汁は、今では大変な人気となっています。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ