これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

大麦若葉とは

大麦若葉とは、イネ科の植物である大麦の若葉のことになります。
大麦の「大」は良質という意味を表すもので、粒の大小を表すものでは有りません。

通常、人が食べるものとしては、生の状態で流通することは殆ど無く、青汁の状態で販売されています。
また、兎などの餌として、家庭菜園で栽培されることもまれにあります。

若葉の見た目は、米の苗と同じで、真っ直ぐな細長い葉になります。
大麦は栽培の途中に新芽を踏みつけると、株分けがおきて増えていく非常に生命力の高い植物です。

大麦若葉が青汁として利用されるようになったのは、商品価値としての差別化への狙いと、ケールに比べて飲みやすい青汁の開発が目的だったとされています。
栄養価はケールに比べても、ビタミンやミネラルが同等以上に含まれています。

健康効果についても、ケールを使用の青汁と同等で、差異はほとんど無いものと言われています。
ケール使用の青汁と栄養価、健康効果に差がなく、飲みやすい事から、大麦若葉の青汁にはファンが多く、販売数も年々上昇していると言われています。

また、青汁を飲むと、活習慣病の予防に繋がるとして、医師を始め多くの人達が青汁を勧めるようになりました。
その効能として、高脂血症の改善による動脈硬化の予防が挙げられています。

また、食物繊維を豊富に含むため、便秘などの症状を和らげる事も知られています。

大麦若葉を摂る上で気をつけなければならない点として、人工透析を受けている方は、高カリウム血症に気をつけなければならない事が挙げられます。
これはケール同様、カリウムの量が多いためですが、ケールに比べるとその量はやや少ないため、少量で重篤な状態になる心配は無いと言われています。

近年の食の乱れからくる生活習慣病患者は年々増加傾向にあり、厚生労働省も生活習慣病予防を推奨するようになりました。

特に野菜不足が現代人の大きな課題と言われていて、各種ビタミン、ミネラルを多く含む青汁のような健康食品が増えています。
その中でも、大麦若葉の青汁は、飲みやすさで好評を博しています。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ