これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

ケールとは

青汁の材料として知られるケールとは何なのでしょうか?
ケールは、アブラナ科の野菜で、日本名ではリョクヨウカンランまたはハゴロモカンランと呼ばれています。

地中海沿岸の原産で、キャベツの原種に近い植物ですが、キャベツとは違って丸くならず、葉を広げて成長します。
また、温暖な気候では一年中栽培でき、収穫量も多いことで知られています。

品種は、ジューシーグリーン、スイートグリーン、カーボロリーフグリーン、キッチン、サンバカーニバルの5種が品種登録されていて、それぞれに特徴がありますが、この中でも搾汁量が多い、青汁に向いている品種は、
ジューシーグリーンとスイートグリーンの2種で、青汁のケールと言えばこのどちらかになります。

ケールは栄養が豊富で、ビタミンの含有量は、緑黄色野菜の中でも特に多い部類に入ります。
また、ミネラル分も非常に多く、特にカリウムの量が多いため、ケールの青汁は一日に必要なカリウム量1500mgを容易に摂取することが可能です。
また、緑内障の予防効果があるとも言われています。

こうした高栄養価が期待されて、古くから九州では青汁として飲まれていました。
しかし、その味は酷く、同じ九州の中でも実際に飲んでいたのは、健康に気を使う一部の人だったと言われています。

それが今のようなブームになったのは、テレビのバラエティ番組で罰ゲームに使われたのがきっかけでした。
その後青汁が健康ブームに乗って全国に広まると、その材料でもあるケールの名も広がる事になりました。

ケールの栄養成分は非常に高い為、複数の野菜を混ぜて作る野菜ジュースよりも容易にビタミンやミネラルを補給できる反面、糖質、脂質がわずかで、100gで28kcalしかない低カロリー食です。
生の物は普通の野菜のように調理して食べる事ができ、茹でたものであれば、苦味もそれほど強くありません。

一般には野菜としての流通はあまり見られませんが、一部のスーパーやネット通販でも生の物を購入する事ができます。
しかし、殆どは青汁として飲まれています。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ