これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁の歴史

青汁というのは、九州地方でだけ飲まれていた、ごくごくマイナーな飲み物でした。
特に味の悪さが敬遠されて、あまり広がらずにいたのものでした。

ところが90年代に、テレビのバラエティ番組で「罰ゲーム」として飲まれるようになったことをきっかけに注目を受けるようになり、それまで九州でのみ流されていた青汁のCMが全国で流されるようになりました。
その後、健康ブームにのってその知名度を広げて行きました。

当時、青汁といえば材料はケールと呼ばれるアブラナ科の植物が主流でしたが、ブームの広がりに連れて、大麦若葉や小松菜、ヨモギ等を使ったものも出てくるようになりました。
青汁の歴史といえば、飲み辛さの改善を挙げなければなりません。

当初の青汁は、バラエティ番組の罰ゲームに使われるほど酷い味でした。
いくら高栄養価で健康によいと言っても飲めなければ話になりません。

そこで青汁メーカー各社は、少しでも飲みやすいようにと試行錯誤を繰り返すようになりました。
例えば、フルーツジュース等と混ぜる方法や、砂糖、ハチミツ等で甘くする方法が考えだされましたが、せっかくの健康食品なのに、甘くし過ぎては糖尿病予防に役立たないだろうと、極度に甘い物は外されて行きました。

次に原材料を変えて、高栄養価でも味の良い物はないかと、新しい材料の探求がされました。
しかし、なかなか良い物は見つからず、現在では概ね、当初からあるケールと大麦若葉に落ち着いたようです。

テレビ番組での罰ゲームにも、最近ではインパクトが足りなくなったと言う事で青汁に変わるものが使われるようになりました。
しかし、青汁が全国に知られるようになってから20年近く立つ今になっても、青汁の健康効果は注目を浴び続けており、最近の研究では、アルツハイマー病の予防にも効果がありそうだと言われています。
さらに、近年の日本の食生活の乱れから、野菜不足が指摘されるようになると、手軽にその不足を補う手段として、青汁が好まれるようになりました。

青汁はこれからも身体に優しい健康補助食品として、飲まれ続けることでしょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ