これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁を飲みやすくする方法

青汁が身体に良いという話は色々な場所で聞かれます
「それなら私も」と買っては見たもののどうしても馴染めなかった…、そんな経験はありませんか?

どんなに身体に良いと言われても、鼻が、舌が受け付けないのでは、飲むことができません。
そこで、青汁を飲みやすくする方法を幾つかご紹介しようと思います。

一口に青汁と言っても色々な種類があるものですが、全てに共通しているのは、あの独特な青臭さと苦味や渋味ではないでしょか?その臭いや味を抑える方法です。

水の代わりに牛乳に入れる方法は、割とよく知られていると思います。
青臭さや苦味を抑えて飲みやすくなります。

同じ考えで、豆乳という方法も有りますが、豆乳が少しでも苦手な人には向きません。
何故なら、豆乳も成分無調整の物は独特な豆臭さが有りますよね?その豆臭さに青臭さまで混ざると、豆乳の苦手な人は飲むことが出来なくなります。

次に良く聞かれるのがヨーグルトに混ぜて食べる方法です。
この方法も青臭さを抑えてくれますから、青汁を摂りやすくなります。

他にも、黒酢やリンゴ酢、ソーダで作ると言う案もあります。

青臭さよりも独特な苦味や渋味が気になるという人は、ハチミツなどを入れる方法はどうでしょうか?
甘くすることで美味しく飲むことができます。
ただし、あまり甘くしすぎるのは禁物です。
余計なカロリーを摂ってしまいます。
糖尿病予防に青汁を飲みたいと言う方は、ノンカロリーの甘味料を使うことをお勧めします。

青汁を料理に入れるという方法も有りました。
カレーに入れるという意見が多いようですが、ポタージュに入れてグリーンポタージュにするのも良いと思います。

他にも、パンケーキの生地に混ぜたり、お好み焼きの生地に入れると言う方法もあります。

健康志向からは外れてしまう番外編としては、酎ハイにすると言う話も有りました。
しかし、いくら青汁が体に良いからといって、お酒と一緒にしては、元も子もないと思うのですが…。

いかがでしょうか?独特な臭いや味が苦手な人でも、青汁は工夫次第で美味しく頂くことができます。
もしも、買ってから飲みきれずに残していると言う方は、美味しくする工夫で、もう一度チャレンジしてみて下さい。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ