これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

サプリメントの代わりに青汁

最近サプリメントの代わりに青汁を飲む人が増えています。
なぜ、サプリメントの代わりに青汁なのでしょうか?

栄養補助食品としては、サプリメントが昔から使われています。
しかし、サプリメントには薬と同じ負担が体にかかることも知られるようになりました。

一般的なサプリメントは様々な栄養素を化学的に精製、濃縮して加工したものです。
簡単に言えば、非常に濃いのです。
この為サプリメントを空腹時に飲んだりすると胃壁を荒らしたりしてよく有りません。

また、サプリメントは純粋なビタミンやミネラルが含まれています。
この純粋な状態のビタミンやミネラルと言うものは、実に不自然な栄養素と言えます。

それに比べると、青汁というのは、原材料をすりつぶしてジュースにしただけのとても自然でシンプルな飲み物です。
それにサプリメントでは、色々な種類の栄養を摂るために、何種類も飲まなければなりません。
その点でも青汁は、数種類のビタミンやミネラルが初めから入っています。

自然に近い状態の栄養素を手軽に摂ることが出来る青汁は、サプリメントよりも身体に負担をかけず、多くのビタミンやミネラルを一度に摂ることが出来る理想的な栄養補助食品といえるのです。
同じ様な栄養補助食品としては、野菜ジュースが上げられます。
沢山の野菜をミックスしてジュースにしてありますから、いかにも身体によさそうです。

しかし、ここにも落とし穴があります。
それはカロリーです。
野菜ジュースは飲みやすくするために砂糖などを加えて甘くしてあるものが殆どです。
この為、カロリーが高くなっています。

飲み過ぎてしまうと、逆に糖尿病の心配をしなければならなくなります。
ですが、青汁の場合はそうした添加物が入っていないものが多く、低カロリーになっています。

低カロリーであるとうことは、血糖値が心配な人でも気軽に飲めるという事になります。
健康を気にして飲む栄養補助食品なのに、逆にカロリーや体の負担を心配するようでは困りますよね?
ですから、サプリメントの代わりに青汁を飲む人が増えてきているのでしょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ