これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

子供を妊娠したら

「子供を妊娠したら、青汁は飲まない方がいい」と間違った事を言う人がいます。
お腹に赤ちゃんがいる時に薬などを飲むのは危険だと昔から言われていますが、青汁は薬ではなく、単なる栄養補助食品です。

さらに言えば、一般的なサプリメントと違って、精製・濃縮したものでもないので、極端に刺激の強いものでもありません。
むしろ、青汁はサプリメントよりも低刺激で安全な栄養補助食品といえるでしょう。

しかし、飲み過ぎて良い物でも有りません。
なんでもそうですが「過ぎたるは及ばざるが如し」で、用法用量はちゃんと守らなければいけません。

また、体質によっては身体に異変が起こる可能性もありますが、それはどんな食べ物にも言えることです。
もし、心配であれば、かかりつけの先生に相談してみましょう。

健康な妊婦さんの場合、大抵の栄養補助食品は安全です。
青汁ももちろん安全でしょう。

では、妊婦さんが青汁を飲むとどんな効能があるでしょうか?
丈夫な子供が生まれるとか、賢い子供になるとか、そのような事はもちろん有りません。

青汁は栄養補助食品ですから、妊娠中の栄養補助としての役割になります。
特に妊娠中に不足しがちと言われる、鉄分、カルシウムは青汁にも豊富に含まれています。

そして、妊婦さんを悩ませるあの便秘にも、実は青汁が役に立つのです。
青汁には食物繊維が入っています。
この食物繊維が便通を良くしてくれるのです。

もし青汁などの栄養補助食品に一切頼らずにこれらを補おうとすると、かなりの量の野菜を食べなければなりません。
特に食物繊維は、意外にも普通の葉物野菜にはあまり含まれていないのです。

よく、食物繊維の量をレタス等の個数で表すのは、実はレタスの食物繊維の量がとても少ないからなのです。
もちろん、普段の食事をバランスよく、偏らないように食べるのが一番ですが、大きなお腹では思うように食事の準備も出来ないでしょう。
そんな時には、青汁等を上手く利用して、賢く手軽に栄養補給をしてみてはいかがでしょうか

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ