これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

通風に困ったら

通風は痛風とも書く様に風が当たるだけで痛みが出るとても辛い病気です。
男性がかかることが多く、様々な合併症を引き起こすこともある怖い病気でもあります。

また、リウマチと混同されがちですが、通風とリウマチは全くの別物です。
通風は高尿酸血症が原因で関節炎を引き起こす病気で、体内に溜まった尿酸が結晶化して、関節に炎症などおこすものです。
この痛い通風にならないために、また、症状を少しでも抑えるためには、尿酸を体内に溜めないようにしなければなりません。

そこで最近見直されているのが青汁です。
青汁には尿酸値を下げる効果があると言われている、ビタミンとカリウムが多く含まれているからです。

ビタミン、ミネラルは野菜に多く含まれますが、最近の日本の食生活事情では、野菜が非常に不足していると言われています。
それに対して、尿酸値を上げやすい肉類の接種が多くなっています。
この野菜不足の改善に青汁が一役買いそうなのです。

肉類を多く食べると、尿が酸性になっていきます。
尿酸はアルカリ性に溶けやすく、酸性に溶けにくい為に、尿に溶け込まず、うまく排出出来なくなってしまうのです。
また、尿を酸性にしやすい食品は、同時に尿酸の元となるプリン体も多く含まれているため、通風にとっては良くない食べ物となっています。

尿アルカリ化食品と呼ばれる、尿をアルカリ性にさせる食品の多くは野菜です。
野菜を多く摂ることで、尿酸が体に溜まるのを防ぐことできます。

それに、先のビタミンやカリウムの効果も合わさって通風を予防、改善することが期待できるのです。
ですが、その為には沢山の野菜を食べなければなりません。
その量は1日にボール1杯以上と言われています。

これだけの量を毎日食べるのは大変なことですが、青汁であれば1日コップ1~2杯で済ませることができます。
これなら、たとえ毎日の事だとしても、手軽に不足しがちなビタミンやミネラルを補給できますね。

痛くて辛い通風を予防、改善するには食生活の見直しが不可欠ですが、その手助けに青汁は役に立ってくれそうです。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ