これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

腎臓病に青汁

人工透析を受けている腎臓病患者は全国で30万人にのぼると言われています。
腎臓病は一度掛かると完治が出来ない大変つらい思いをする病気です。

腎機能が低下すると血液の浄化が自分ではうまく出来なくなってしまいます。
この為人工透析と言う方法で、人工的に血液の浄化を行う必要があります。

人工透析は定期的に行う必要がありますが、食事の質が悪かったりすると次の人工透析までに血液が悪い状態になってしまいます。
これは命にかかわることですから、普段からの食事の管理がとても大事になってきます。
そんな辛い腎臓病にならないために、青汁を飲んで健康維持をはかりましょう。

青汁は青野菜をジュースにして飲むものですが、これにより普段の生活では不足しがちなビタミンやミネラルを自然に補うのに丁度良いのです。
ビタミンやミネラルはサプリメントでも補給できると思われがちですが、精製されたビタミンやミネラルは濃すぎてしまい、適正な量であっても内蔵に負担をかけてしまいます。

そこで、自然で体に負担のかからない栄養補助食品として青汁がよく飲まれるようになってきました。
青汁を飲めば病気に絶対ならないと言う事はありませんが、健康を維持する上で必要な栄養をより自然な形で摂取するのに非常に適したものであることは間違いがないようです。

実際、多くのお医者さんが腎臓病予防に青汁を進めていると言われています。
ただし、すでに腎臓病にかかってしまっていて、人工透析を受けている方の場合は、逆に青汁は危険になります。
と言うのも、青汁の種類によってはカリウムが非常に多いため、人工透析を受けている方は、高カリウム血症と言う状態になる場合があるからです。

お医者さんにも止められると思いますが、ゴマ等のカリウムの多い食品は、人工透析を受けられている方は控えなければなりません。
飽くまでも青汁は、腎臓病になる前の予防策として飲むのが適切です。

ここで慢性腎臓病のお話もしておきましょう。
慢性腎臓病患者は人工透析予備群とも言われており、主に生活習慣病が原因で腎機能の低下が起きていると言われています。
これが悪化して、完全な腎臓病にならない為にも、普段から青汁で栄養のバランスを整えておくとよいかも知れませんね。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ