これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

アルツハイマー病予防に

痴呆症、認知症ともよばれるアルツハイマー病は、現代医学でもまだハッキリとした原因や治療法が見つかっていない難病の一つです。
以前は高齢者の病気と言われていましたが、最近になって年齢に関係なく発症する可能性がある事も分かって来ました。

そのアルツハイマー病予防に青汁が効果的だと言う話がちらほら聞かれるようになりました。
その根拠として葉酸の効果が上げられます。

2007年にコロンビア大学医療センターの研究者らから葉酸を多く摂取した人のアルツハイマー病発症リスクがおよそ半分になったと報告されました。
そして2010年には福岡県の見立病院から、アルツハイマー病の原因の一つとされているホモシスチン(アミノ酸老廃物)の血中濃度が、ビタミンB12と葉酸の投与で低下する事が確認されています。

葉酸がアルツハイマー病に良いことは医学的にも分かって来ました。
その葉酸を多く含む食べ物はもちろん野菜ですが、現代人の食生活では十分な野菜を摂れない事が知られています。
この野菜不足を葉酸が豊富に含まれている青汁を飲んで補えば、アルツハイマー病予防に繋がると言うわけです。

野菜は普通に食べようとすると量が非常に多くなってしまいます。
1日に必要な野菜の量はボール一杯から少しあふれるくらい必要です。
これを毎日続けるのは、現代人にとっては簡単ではないかも知れません。
特に外食が多い人は野菜不足が顕著ですから、葉酸も不足してしまいます。

アルツハイマー病患者は毎年増えており、2010年には226万人に達しました。
2015年には260万人を超えると予想されています。
この増加傾向と、野菜をあまり食べない人の割合はグラフとして重なっていることからも、野菜不足がアルツハイマー病リスクを高める事がわかります。

アルツハイマー病は誰でも掛かる可能性のある病気ですから、かかる前に予防する必要があります。
青汁を飲んで葉酸の不足を補えば、アルツハイマー病予防に繋がることでしょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ