これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

生活習慣病に青汁

人間、どこか痛いところでもない限り、ほとんどの方が自分の健康を過信しがちです。
しかし、現代人の食事はどんどん欧米化したり、喫煙などから、今や生活習慣病患者の数は、急増しています。

そもそも、生活習慣病とはなんでしょうか?
生活習慣病とは、ひと言でいえば食事や運動などの生活習慣が主な発病原因と考えられている病気の総称です。
例えば、糖尿病、脳梗塞、心臓病などがあります。
他にも・脳卒中・高脂血症・高血圧・糖尿病・がん・肥満・腎硬化症など、数えればきりがないほどあります。

生活習慣病の主なものは、昔は歳をとることによって発病すると考えられたため、「成人病」と呼ばれていました。
しかし、がん、脳卒中、心臓病などの病気が40~60代に多くなり、その主な原因が長年の生活習慣にあることがわかってきました。
あらゆる年齢層で起こりうる病気なのです。
さらに、恐ろしいことに近年は子供の生活習慣病も増え、問題になっています。

今回は、数ある生活習慣病の中から糖尿病にスポットを当ててみましょう。
糖尿病は、体のエネルギー源である糖質(ブドウ糖)が、上手く体内に取り込まれないために起こる病気です。
このため、エネルギーの代謝を助ける効果がある、ビタミンB群を十分摂る必要があります。
ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチンの8種類があります。

青汁には、ビタミンB群が豊富に入っています。
特におすすめなのが、ケールや明日葉を主原料とした青汁です。
ケールには、ビタミンB群が豊富に入っていますし、明日葉を含む青汁には、カルコンやクマリンが豊富に含まれています。
カルコンは、強い抗菌作用や発ガン物質抑制作用をはじめ、血液をさらさらにして血栓を防ぐ作用などが含まれております。
クマリンは、アルツハイマーの予防があると言われています。

また、明日葉は、そのまま食べるのには癖がありすぎて難しいので、青汁にして、丸ごととるのがいいでしょう。
生活習慣病対策には青汁の他に、プロポリスもおすすめできます。
プロポリスの強力な抗酸化作用で、体の老化を防いでくれます。
毎日若々しく元気でいたい方は、プロポリスも使用してみてください。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ