これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

アトピーに青汁

花粉症やアトピー性皮膚炎、また、アレルギー性鼻炎など、年々アレルギーに苦しむ人が増加しています。

そこで今回は、アトピーの原因と青汁との因果関係をご紹介致します。
アトピーという名前は、「場所が不特定」 という意味のギリシャ語 「アトポス」から由来し、
1923年、コカという学者が「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」 に対して名づけました。

アレルギーは、人間の持つ免疫機能に異常が起きた時に起こる現象で、
症状を起こす要素となるアレルゲンに自らの体を傷つけるほど過剰に反応してしまう疾患のアレルギー症状には、
食生活が大きく関係していると言われています。

昔の日本人は野菜やお魚といった食べ物が中心でした。
しかし、最近は、戦後日本は、発展を遂げるために少しずつ生活が欧米化していきました。
それに伴い、近年は食生活も欧米化してきておりアレルギー症状を持つ人が増えてきていると言われています。

欧米の食事は、脂質やタンパク質が豊富で、それを食べ続けることによって、結果的にアレルギー症状が、起きやすくなっています。
欧米色には、日本食に比べると比較的入ってないとされるビタミンやミネラル類が青汁には、多く含まれています。
ですから、食事はそのまま基本欧米化のままでもでも、
青汁を飲み続けることにより結果的に体質改善につながり、アレルギー症状が改善されるケースが数多く証明されています。

例を挙げますと、アトピー性皮膚炎では、とても効果のあると言われているステロイド剤という薬が通常は処方されます。
ステロイド剤をぬれば、大半の患者さんの症状は、暖和されます。
ですが、ステロイド剤の効果は、一時的なものです。
結局、アトピー性皮膚炎など、アトピーは、体質を改善させなければ、関知しないという、非常にやっかいな疾患なのです。

青汁は、過去に行われたことにある臨床実験で、
アトピー性皮膚炎に効果があったという結果が7割もあったと、マウスを使った実験で、証明されています。

たとえ7割、されど7割、アトピーに悩んでいる方は、青汁を飲んでみてはいかがでしょうか?

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ