これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁の副作用について

「青汁に、副作用はあるのでしょうか?」
こういう質問を見かけたので、いろいろ調べてみました。

基本的に、青汁は薬とは違うので、副作用はありません。
しかし、薬とは違う漢方薬に副作用があるように、青汁も摂り過ぎによっては、副作用があります。
人によっては、大きな病気になるリスクもあるようです。

青汁を多く摂取しすぎて、大半の人がなる副作用といえば、便秘や下痢です。
「えっ?青汁を摂り過ぎて下痢になるのはわかるけど青汁は、便秘がよくなるんじゃないの?」
そう思う方が殆どだと思います。

また、青汁を飲む女性の大半の目的は、便秘解消でしょう。
しかし、一日の摂取量をきちんと守って摂取していれば、問題ありません。
また、青汁を取りすぎて、便秘になるのは消化がよくなりすぎることが原因です。
下痢になるのは、ほとんどの方がわかっていると思いますが、食物繊維の摂り過ぎが原因です。

そして、冒頭に記したとおり、青汁の摂りすぎによってなる大きな病気とは、青汁に含まれているカリウムのとりすぎによる【高カリウム血症】です。
基本的にカリウムは、塩分の排出や筋肉におけるエネルギー代謝の効率を高めてくれたりと、身体にとってプラスになる働きをしていますが、
それを摂取しすぎてしまうことにより不整脈やしびれ、おう吐などの症状が出てきます。
健康体の人なら問題はありませんが、腎臓の弱っている人は、カリウムを効率的に排出できずに、高カリウム血症になってしまう恐れがあります。

また心臓や脳、血管などに疾患を抱えている人は、あらかじめ医者に相談をしてから、青汁を飲むようにしましょう。
というのも心臓や脳の疾患を抱えている人が服薬しているワーファリンは、青汁に含まれているビタミンKと相まって、
身体にとって好ましくない症状を引き起こすことがあります。

以上のことに気をつけましょう、といっても一日の摂取量を守れば、上記のような副作用が出ることはほとんどありません。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ