これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

ケールについて

もっとも代表的な青汁の原材料として挙げられるのがケールです。
この植物はキャベツの原種としても知られていて、
高い栄養価を持っているのが特徴です。

その反面、独特な苦味とクセがあるのがタマに傷・・・
好き嫌いがはっきり別れるような味のため、
一昔前には罰ゲームに使われたりもしました。

最近では粉末タイプのものでも味が改善されつつあります。
飲むのに数秒もかからないので、どんなに忙しい日でも忘れずに飲めます。

ここでは、そんなケールについての情報をわかりやすくまとめてみました。

吹き出し

~含有成分一覧表~

ルテイン

ルテインは天然のサングラスとも呼ばれる成分で、目の健康を守るという特徴があります。白内障の予防などを考えている場合は最適です。他にも炎症の抑制や美肌効果があります。

β-カロテン

体内でビタミンAに変換される栄養素です。強力な抗酸化作用を持っているという特徴があり、アンチエイジングや美容への効果が高いのが大きな魅力です。

ビタミンC

強力な抗酸化作用を持っているビタミンで、肌を構築しているコラーゲンの働きを助ける作用もあることから美容に最適。さらにストレスの鎮静にも効き目があります。

カルシウム

骨や歯を構成しているミネラルですが、日本人は不足しがちになると言われています。ストレスやイライラを抑え込んで解消する働きがあるのもチェックポイントです。

食物繊維

第六の栄養素ともいわれている重要な成分として近年注目を浴びています。腸の働きを活性化させて便通をスムーズにする作用があることから、便秘の解消に効果を発揮します。

メラトニン

アミノ酸から作られるホルモンで、脈拍や血圧を低下させる作用を持っています。これによって心地よい眠りにつくのをサポートしてくれるのが最大の魅力です。

こんな特徴があります

味・飲みやすさ

元祖の原料と聞いて「苦くてまずい」というイメージが
ふと頭をよぎるという方も少なくないでしょう。

まさにケールはその苦さの原因であり、一般的にマズイと言われます。
他の原料と比較しても、その点は大きな難点として挙げられるでしょう。

ちなみに、日本では殆どが青汁の原材料として使われていますが、
キャベツやブロッコリーの原種というだけあり、
海外(主にヨーロッパ)では家庭料理にも用いられています。

しかし、加熱すると甘みが出るので苦さを抑えることが出来ます。
この特徴を活かしてロールキャベツならぬロールケール
という料理が家庭で作られるのだとか・・・

揚げ物やスープにも用いられるなど、海外では意外にポピュラーです。

代表的な効果

  • 目の健康維持

含有成分であるルテインが目の健康を守ります。
「老眼」に代表されるように眼球は加齢と共に様々な問題を起こします。
具体的には白内障などのリスクが考えられます。

そういった目の病気を改善するために役立つのがルテインなのです。
別名「天然のサングラス」とも呼ばれています。

  • 生活習慣病の予防

日常生活で肉中心の食事に偏った場合はコレステロール値が上昇し、
結果的にメタボリックシンドロームをはじめ、
高血圧などの生活習慣病を引き起こします。

この予防には野菜の十分な摂取が必要不可欠です。
特にケールは血糖値を改善して糖尿病を改善したり、
動脈硬化を防ぐ働きを持っています。

  • 免疫力強化に

リブロース-1という含有成分が免疫力の強化に役立ちます。
さらに豊富に含まれているビタミンCも白血球の働きを向上させます。

免疫力が下がれば風邪やインフルエンザなど、
ウイルス性の疾患にも罹りやすくなってしまいます。
また、様々な身体の疾患の回復が遅くなるというリスクもあります。
免疫力を向上させて身体を丈夫にしましょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ