これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁で得られる効果~健康編~

近年、食事で摂取する栄養のバランスが
著しく乱れているということが指摘されています。
そもそも日本人は野菜や魚中心の食生活を営んできた民族でしたが、
グローバル化の流れと共に「食の欧米化」が顕著になってきているらしいのです。

これは一体なにを指しているのでしょうか?
簡単に言えば、野菜不足・肉の摂り過ぎということなのですが、
この影響からガンや生活習慣病の発症率が急速に増えてきています。

この問題を根本的に解決するためには・・・

  • 正しい食生活をおくること(生野菜を一日350g以上)
  • 適度な運動(運動不足を解消する)

この二点をクリアするのが望ましいのですが、仕事や家事などに追われてしまい、
なかなか実行できないのが現実的な問題です。

何を隠そう、私自身もその一人でした。

しかし、今ではその不安も解消されつつあります。
それは青汁を飲むことで一日に必要な野菜摂取量をクリアしているからです。
不足しがちと言われている栄養もしっかり補っています。

さらに慢性的にあった便秘症状には飲用直後から改善効果が見られました。
もちろん、飲み続ければ飲み続けるほどに程、様々な機能を実感しました。

そんな魅力たっぷりの健康食品「青汁」の効能を解説します。

ポイントチェック!

  • 継続することで様々な効能を実感することが出来ます!
  • 原材料や含有成分をチェックしておくのも大切なポイントです。
  • 改善したい症状にはどんな原料が効くのかを知っておくのも大事!

青汁に含まれる成分と働き

原料や製品にもよりますが、青汁には豊富な栄養が含まれています。

普段の食事では不足してしまうような成分もしっかりと含有しており、
それ故に健康食品としての有用性は抜群といえるでしょう。

下記は殆どの製品に含まれていると言っても過言ではない代表的な成分です。

ここでは、その名称と働きを一覧にしてみました。

ビタミンC 強力な抗酸化作用が持ち味の必要不可欠な栄養素です。
そのため肌を若返らせるアンチエイジングなどに効果があるとされています。 免疫力の向上やストレスの鎮静にも役立つのが嬉しいポイントです。
β-カロテン 体内でビタミンAに変換される物質で、脂溶性なので過剰摂取には注意が必要です。 暗い場所での視力向上などの意外な働きの他にも、粘膜の状態を維持する機能などが注目されるところです。
ビタミンE ビタミンCと同様に強力な抗酸化作用を持っているのが魅力的な成分です。 その為、肌や血管などの身体の各部分の老化を防止する事が出来ます。それゆえに別名「若返りのビタミン」とも呼ばれているのです。
ビタミンB群 B1…炭水化物の代謝促進作用でエネルギーの生産をサポート。
B2…別名「リボフラビン」、脂肪を燃やす作用が女性に嬉しい。
B12…睡眠を促して、深く心地よい眠りに導く働きがあります。
食物繊維 第六の栄養素と言われている比較的新しい栄養素です。
コレステロールを抑えて、糖分の吸収を抑えることが出来ます。
腸の働きを活性化させるので便秘に効率的に働きかけます。
カルシウム 骨と歯を構成している物質であり、ヒトにとって必要不可欠なミネラルの一つです。 イライラやストレスを鎮静化させるという働きもあると考えられますが、日常から摂取を意識しないと不足しがちになってしまいます。
カリウム ナトリウムとともに血圧のバランスをとっている必須のミネラルです。 血圧を上昇を抑えて、値を引き下げる働きがあります。
過剰摂取にも不足にも気をつけなければいけない成分です。
鉄分 赤血球をつくりだす働きを持っているため細胞の状態と密接な関係があります。 酸素を身体中に配給するサポートをするので、不足すると貧血になったり、身体が疲れやすくなってしまうと考えられています。

もちろん、この他にも材料ごとの特有成分などが含まれています。
ケールはルテイン、大麦若葉にはSOD酵素、
明日葉にはカルコンなどが挙げられます。

症状別!オススメ商品


老化・生活習慣病予防に

呼吸で取り込んだ酸素はストレスなどの要因で別の物質へと変化します。
これを活性酸素とよびますが、この物質は非常に有害だと考えられます。

というのも、活性酸素は老化の最大の要因だと言われており、
体内を自ら傷つけてしまうことがあるからだと考えられています。

美容面でも健康面でも、これによって著しく肉体的に劣化してしまうのです。

これを防ぐ為には抗酸化作用を持った抗酸化物質が必要です。
代表的なものとしては、ビタミンA・C・Eが挙げられます。

また、生活習慣病の原因として考えられているのは、
血糖値やコレステロール値です。
予防を考えているのであれば、まずはこれらを改善する必要があります。

ダイエット・肥満予防に

画像

動脈硬化やガンなどの病気は肥満が原因で引き起こされるリスクが急増します。

そのため「太っている」という事は外見的な問題だけではなく、 もしかすると命にも関わるような問題だといえるでしょう。

これは決して大げさな言い方ではありません。
特に内臓脂肪の蓄積は高血圧などの症状を併発してしまう可能性も孕みます。

体型へのコンプレックスゆえに、精神的な疾患を患ってしまう人もいます。
その点を踏まえても、美容的な意味で「理想の体型」を手に入れるのは
非常に有意義と言っていいでしょう。

必要なのは脂肪を如何に燃焼させるかということですが、
運動や食事のバランスを考える時間がないという人は多いでしょう。
そんな中で、健康食品に解決策を求める人が増えています。

コレがぴったり!

上記の条件を満たすのが明日葉の青汁です。

特有成分であるカルコンが身体の老廃物をキレイに流し出します。
そのため、浮腫みなども解消することができるので、
身体が引き締まってみえます。

さらに、脂肪を減少させる機能をもった体内ホルモンであるアディポネクチン
という物質の分泌をサポートする働きもあります。

このことから、原材料が明日葉の製品には肥満解消の作用が見込めます。
ダイエットにも最適だといえるでしょう。

苦味やクセのない美味しい飲み口なので 粉末タイプで味わうのもオススメ。

  • 特有成分のカルコンが浮腫みや脂肪を洗い流す!
  • 明日葉はクセがなく美味しいので粉末タイプをオススメします!
矢印
商品1

免疫力向上・疲労回復に

ストレス社会の影響や栄養バランスの偏りなどの原因が背景となって、
「身体が疲れやすくなった」という人が増えています。

さらに風邪菌やインフルエンザなどのウイルスから身体を守れなくなっている
免疫力の低下が著しい人も最近では少なくありません。

回復力のある身体づくりと疲労に負けない元気は生活するうえで必要不可欠。

疲労は細胞が糖質をエネルギーに変えようとする力が衰えた時に表れます。
乳酸という疲労物質が溜まりやすくなってしまうのです。

その対策として、免疫力UPと疲労回復の為のビタミン類の摂取が必要です。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ