これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

その概要とは?

現代の日本人は様々な健康不安に頭を抱えています。
免疫力の低下に伴うインフルエンザの流行をはじめ、生活習慣病やガンなど・・・

どれも自分とは無関係とは思えないような病気だと感じることでしょう。
私も何となくですが、これらの疾患に対する不安は少なからず持っています。
そして、これらの根本的な原因は野菜不足だと言われています。

そんな状況のなかで健康食品が大流行しています。
そのなかでも特に人気が高いものとして「青汁」が挙げられるでしょう。

野菜不足を解消するもっとも有効な食品の一つであり、
その背景から改善できる体質や疾患は多岐にわたります。

そもそも青汁は緑黄色野菜を絞った汁のことを指しています。

粉末タイプ・錠剤タイプ・冷凍タイプなどから好みにあわせて選びましょう。
原材料もいくつかあり、商品探しではチェックするようにしたいポイントです。

野菜から出来ているので、安全性に関しては心配いりません。
身体にやさしく働きかけて、健康的な生活をサポートしてくれます。

私は健康だけではなく、美容面でも素晴らしい機能を感じています。
飲み続けていると、肌がスベスベになってソバカスなどが解消されました。

以上の点をまとめると・・・

  • ◇ 野菜を絞った汁で栄養価が高い健康食品
  • ◇ 粉末タイプ・錠剤タイプ・冷凍タイプ等…いくつかの種類がある
  • ◇ 原材料にも種類があり、効果を左右する
  • ◇ 美容にも健康にも効果は高い

ということになります。
メリットがたくさんあるのに安全なので人気が高いというわけです。

主な原料を一挙に紹介

青汁選びは材料選びから始まると言って良いほど重要な項目です。
種類も増えてきていて、どんなものがあるかわからない人も多いようです。

ここでは、製品を探すときに役立つ様々な材料を一覧にして解説します。


画像

ケール

緑黄色野菜の王様の別名をとる程の圧倒的な栄養価を誇ります。
もっともポピュラーな原材料ですが、味にクセがあるのが難点なのでサプリタイプがおすすめ!
画像

明日葉

今日摘んでも明日には生えてくると言われるほどの生命力を背景に様々な特有成分を配合する野菜。
カルコン等のフラボノイドが身体を内側からキレイにします。
>>>オススメはコレ!<<<
画像

大麦若葉

穀物の大麦を若葉のうちに収穫したクセの少ない食材です。
抗酸化作用が強力で老化の原因と言われている活性酸素を取り除く機能が嬉しいですね。
>>>オススメはコレ!<<<
画像

桑の葉

蚕のエサとして知られている植物ですが、ヒトも古くから食用として利用してきた歴史があります。DNJという特有成分が糖尿病の予防に最適なのだとか。
画像

よもぎ

お灸やヨモギ蒸しなど、近年では様々な場面で人気を高めている植物です。クロロフィルという特有成分が身体に溜まった毒を排出してくれます。
画像

ゴーヤ

沖縄では一般的な食材で、ニガウリとも呼ばれています。
沖縄県民の長寿の秘訣とも言われている野菜で栄養価も抜群ですが苦いのが難点かもしれません。
画像

いぐさ

もっとも代表的な利用方法は畳ですが、実は食用にも最適。強力な抗菌作用を持っている健康的な植物で身体をキレイに掃除してくれます。
画像

熊笹

切り傷などの外傷に用いられる薬草として国内外を問わずに利用されていた歴史を持っています。バンフォリンという成分が免疫力を向上させてくれます。
画像

海藻

最近ではワカメ・海苔・ヒジキなどの馴染み深い食材が材料として大きく注目されています。
ミネラル・ビタミンなどの基本的な栄養素を豊富に含有。

ポイントチェック!

  • 成分・効能を吟味して自分に最適なものを選ぶとGOOD!
  • 味を左右するのも原料次第…苦いものならサプリにする等の工夫を!

歴史を紐解く

元は戦後まもなくの頃、
深刻な食糧不足の状況を打開するために作られたものでした。

創始者と言われているのは遠藤仁郎博士という人で、
野菜が手に入らなかった為、最初は捨てられた
大根の葉から作ったと言われています。

その後、健康に役立つものを研究していく過程で生産性と栄養価が
圧倒的に優れている【ケール】を使用するようになったそうです。

しかし独特の苦みがあったことから全国に普及することはありませんでした。

その後、1990年代になってから「まずい!もう一杯!」という強烈なCMや
テレビ番組の罰ゲームにおいて【まずい】というイメージと共に一躍有名に!

その一方で最近では殆どの商品で味が改善されてきたということや、
生活習慣病患者急増という背景から野菜の効率的な摂取をしたいという人が増えてきたという理由で更に高い人気を獲得しています。

実は、私も健康ブームに乗って飲用を始めた一人です。
しかし今ではもう手放せない一品になるほどのお気に入りになりました。

飲めば飲むほど高い効果を実感することが出来るので、
上手に製品を選べるようになってから飲み忘れたことはありません。
サプリメントで続けやすい商品を選んでいるのがポイントかもしれません。

ポイントチェック!

  • まずいというイメージは古い!今は美味しく飲めるものが沢山
  • 効き目を感じるには継続が大事!だからこそ継続しやすい商品を!

副作用はあるの?

原材料は野菜ですから青汁は健康食品
さまざまな疾患や症状を改善するから副作用があると思われがちですが、
医薬品ではないので心配はいりません。

その他の安全性についても基本的には問題ナシと言っても良いでしょう。

ただし、念には念を入れておくことをオススメします。
私も特に気を付けているポイントなのですが・・・

産地と原料の栽培環境には注意してみましょう。

先述したように、毎日継続して飲むことになるものですから、
原材料は無添加・無農薬で栽培された国産品を選びたいところです。

また、食品である以上アレルギーを引き起こす可能性もゼロではありません。
もちろん非常に稀なケースではありますが、
万が一なにかしらの異常を感じたら、
すぐに服用を中断して医師に相談しましょう。

ポイントチェック!

  • 結論・・・副作用はありません!
  • 栽培環境は要チェック。国産・無添加・無農薬なら安全性は最高!

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ