これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁を飲むときの注意点

青汁は健康にいいので、健康に気を使っている人は「取るべきだ!」と思っている方が殆どだと思います。 しかし青汁には危険性があり、飲んではいけない人もいるのです。

青汁にはビタミンKが多く含まれています。 それにより、心臓・脳・血管に病気のある人で、ワーファリン等を処方されている人は危険性があるので注意しなければいけません。

ビタミンKとは、腸内のバクテリアが作り出す栄養素で、 多く摂ることで、熱が出たり、呼吸が困難になったり、胸が痛くなったりします。

何かしらの病気で病院から処方されている薬がある場合は、担当医や薬剤師さんと相談し、飲むことが大事とです。 また、何も病気はないから!と言って、1日何杯も飲む人がいますが、 例え健康に良いとされていても、過剰摂取は、逆に健康に害を及ぼしてしまいます。 「何事も程々に、」1日1杯程度にすることをお勧めします。

また、飲みすぎた時の症状を記しますと、 吐き気、下痢、発疹、便秘、アレルギー症状が出りします。 アレルギーのある方は、購入前にパッケージに書いてある原材料名をチェックするようにしましょう。

また、妊娠中の方や授乳中の方は、青汁を摂取しても大丈夫ですが、 不妊治療をしている人は、青汁がかえって良くないことがあるので、きちんと医師の診断を得てから飲むようにしましょう。

また、腎臓が悪かったり、透析をしている人は要注意で、飲むことにより、さらに悪化させてしまう可能性があります。 それは、青汁にはカリウム・リン・ビタミンAがたくさん入っており、このカリウムが、体内の余分な塩分を外に出す働きをしています。 このことから、腎臓が弱いと、カリウムを外に出す力がなくて、体の中にカリウムを溜めてしまうので、 高カリウム血症になってしまう場合がある為、嘔吐・しびれ・不整脈・血圧低下等の症状が出てしまうのです

これらのことに当てはまることがないから、「買いに行こう!」としている方、ちょっと待ってください。 青汁を購入する際に、大きな落とし穴があります。 それは、味ではなく値段で青汁を購入してしまうことです。 いくら、安い青汁でも美味しくなく、味覚に合わなかったら意味がないでよね。

最初に購入する際は、サンプル品を選ぶようにしましょう。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ