これが効く!青汁比較サイト~決定版~

This is the effective green juice

メインイメージ
ランク 体験記 プロフィール

青汁の主な成分

青汁の主な成分とは、どのようなものが含まれているのでしょうか? 主に含まれているのは、「大麦若葉」「ケール」「明日葉」の3種類です。 今では、様々な青汁が開発・発売されていますが、その中でも群を抜いて、ケールが多く含まれているものが殆どです。

では、ケールとは、そもそも何でしょう? ケールは、アブラナ科の野菜で、キャベツの原種であり、 またブロッコリーやカリフラワーもケールからの品種改良で生まれた野菜です。

そして、栄養価が非常に高く、たんぱく質や脂質、糖質、リン、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどといった様々な栄養素を豊富に含んでいます。

そして、最近、ケールに次いで増えてきているのが、大麦若葉を主原料とした青汁です。 大麦若葉もケールと同様、どのようなものか、わからない方がほとんどだと思います。 大麦若葉とは、その名の通り大麦を若葉の状態で摘み取ったものであり、野菜そのものの名前ではありません。

では、なぜ、若葉の状態で、摘み取るのでしょうか? それは、育ちきった大麦より、若葉の状態のほうが栄養分が豊富に含まれており、 鉄分やカルシウム、マグネシウムの他、βカロテン、亜鉛などのミネラル分が多く含まれています。 また、アクが少ないため、味もまろやかであるのも大きな特徴の一つです。

そして、明日葉とは、その名の通り、「今日摘んでもあしたには生えてくる」というセリ科の植物です。 明日葉は八丈島や伊豆諸島といった、温暖な場所で栽培されています。 温暖な場所だから、すぐに生えてくるのでしょうね。

明日葉には、薬効成分であるカルコン、クマリンなどを含んでいます。 名前だけ聞いてもわからない方のために説明しますと、 カルコンは、強い抗菌作用や発ガン物質抑制作用をはじめ、血液をさらさらにして血栓を防ぐ作用などが含まれております。 クマリンは、アルツハイマーの予防があると言われています。

以上の3種の野菜が含まれている青汁を症状や、病気ごとにおすすめを分けますと・・・、 ケール→血中コレステロールを低下させるので高血圧の方におすすめです。 他、ミネラルやビタミンEも豊富に含んでいるので、若返りホルモンという別名をもつメラトニンも含んでいるので、美容に気を使う方に。

大麦若葉→食物繊維を多く含んでいるので、便秘に悩む女性の方に。 (余談ですが、便秘を解消することで、肌荒れも改善されます)

明日葉→老後の健康が気になる方、しかし、ちょっとそのまま食べるのには苦手な方が多いため、青汁にして丸ごと栄養を摂るのが簡単だと言われています。

おすすめ原材料紹介

ケール アシタバ オオムギ